産後ダイエットとして産褥体操法の産後2日目~5日目以降のやり方とは?

産褥体操 2日目

産後ダイエットとして、産褥体操法は毎日できるだけ続ける事が大切です。

そこで、出産後2日目の産褥体操(さんじょくたいそう)は、第1日目と比べて少しだけエクササイズする量を増やします。

ただし、あまり無理をしないのが、産褥体操の重要なポイントですから、増やすエクササイズの量もできる範囲で構いません。

2日目の産褥体操のやり方

まず最初に、首のエクササイズです。

 椅子に浅く腰掛けた状態から始めます。

 お腹に両手を当てて、ゆっくり鼻から息を吸いながら頭だけを持ち上げます。

 その後は、ゆっくり口から息を吐きながら頭を下げていきます。

この首のエクササイズを5回~10回繰り返してください

 

次は、足首のエクササイズです。

 足のつま先を伸ばしたまま、両足をそろえます。

 その状態から、かかとだけ床に付けて、両足首を上に曲げるようにします。

この時に、両足の膝が離れないようにすることがポイントです

 2回呼吸をする間、両足首を曲げたまま停止したら、足の力をゆっくりと抜いて行って両足を床に付けます。

 最後に、片足ずつの足首のエクササイズです。

 片足ずつ、かかとだけ床に付けて、足首を交互に3回づつ上に曲げます。

これで、2日目の産褥体操は終了です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


産後ダイエットの産褥体操法(産後3日目)

産褥体操 3日目

産後ダイエットでの産褥体操(さんじょくたいそう)も、今日で3日目です。

出産後のこの時期というのは、慣れない育児でストレスも溜まりがちになります。

そのため、ダイエットだけでなく、精神的な安定とストレス解消のためにも、空いている時間に産褥体操を行うようにしましょう。

ただし、2日目までと比べて、少しハードな産後ダイエットのエクササイズになりますので、無理は決してしないようにして下さい。

3日目の産褥体操法のやり方

まず最初に、腹筋を引き締めるエクササイズです。

今回も、椅子に浅く腰掛けた状態から始めます。

 両手を背中の後ろで組んで、ゆっくり呼吸をします。

 そして、ゆっくり鼻から息を吸いながらお腹に力を入れて、お腹の筋肉を引き締めます。

 その後、口から息をゆっくり吐きながら、お腹の筋肉の力をゆっくりと抜きます。

この腹筋を引き締めるエクササイズを、5回繰り返します

 

次に、足をあげるエクササイズです。

 まず、片方の足を床から浮かして、ヒザを直角に曲げます。

 その後、その足のヒザをまっすぐ伸ばして、3秒間停止します。

このエクササイズを左右交互に5回繰り返して、3日目の産褥体操は終了です

 

産後ダイエットの産褥体操法(産後4日目~5日目以降)

産褥体操 4日目

産後ダイエットの産褥体操(さんじょくたいそう)も、産後4日目や5日目以降になると、段々とやる気がなくなってくる人も多いのではないでしょうか?

しかし、産褥体操は、毎日できるだけ続けるのがポイントですから、気を引き締めてながら、無理をしないで頑張って続けるようにしましょう。

産後4日目、5日目以降からの産褥体操のやり方

まず最初は、足を上げるエクササイズです。

 姿勢を正して椅子に軽く座り、背もたれに背中をつけないで、両足をピタリとそろえます。

 その状態から、両足を床から20センチくらい持ち上げて、3秒間停止します。

 両足を床から持ち上げる際、両手は椅子の両側を持っても構いません。

 その後、ゆっくりと両足を下ろします。

この足を上げるエクササイズを、5回繰り返します

 

次は、骨盤のエクササイズです。

 椅子に浅く腰掛けた状態で両足をそろえ、両膝を合わせます。

 手のひらで、両ヒザをつかみ、両ヒザを離すようにしますが、両ヒザが離れないように力を入れ、3秒間停止します。

 この時、両足の裏を床につけたままで、床から浮かないで行うのがポイントです。

骨盤のエクササイズが終わったら、産後4日目と5日目以降の産褥体操は終了です

 

産後ダイエットの産褥体操法(産後3週間後)

産褥体操 3週間

 産後ダイエットである産褥体操(さんじょくたいそう)は、出産後3週間までは、産後4日目や5日目以降と同じエクササイズを毎日続けましょう。

産後3週間が経過して、産褥体操のエクササイズにも体が慣れてきたら、弱っている骨盤底の筋肉を鍛えるエクササイズから始めます。

出産後は尿漏れになる方も多くいますが、骨盤低の筋肉を鍛えることで、尿もれ対策にも効果的です

そして、産後1ヶ月を過ぎたら、腹筋を鍛えるエクササイズへと進んでいきましょう。

 最初は、腹筋が1回も出来なくても構いません。

産後ダイエットによる筋トレを行う事で、少しずつ腹筋の回数も増えていきますから、最初からできないと諦めないでください。

ここまで産褥体操法を頑張って毎日やり続けた人は、体型や精神状態に、全くしなかった人と比べて大きく差がでているはずです。

そのため、最後まで頑張って毎日やり遂げれるようにしましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す