1日3食がダイエットに効果的な理由とは?夜食がNGなわけとは?

ダイエット法はすでにいろいろなメディアで紹介されていますが、効果的なダイエットの第一歩は食事のやり方にありと思ってください。

現代人は食生活が乱れがちですから、規則正しい食生活を心がけましょう。

効果的なダイエットのために食事を見直すのであれば、1日3食が基本です。

そしてもう一つは、夜食をとらないことです。

朝出勤などで忙しくて、食事を抜いてしまう人も多いでしょう。

しかし、これは太る元です。

おにぎりでも簡単なものでも構わないので、朝食を摂取することです。

お酒を飲んだ時など、ついつい夜食を食べてしまう人はいませんか?

これも効果的なダイエットをするにあたってはNG行為で、脂肪が蓄積する元です。

Sponsored Link

1日3食がダイエットに効果的な理由とは?

 

効果的なダイエットのためには、1日3食必ず食べるように心がけることです。

食事回数を減らすと、飢餓状態の時間が長くなり、人間の体はエネルギー消費を抑制するため、基礎代謝も低下してしまいます。

その結果、消費カロリーが少なくなって太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

ちなみに1日2回の食生活は、インスリンの分泌をもっとも活性化させるといわれています。

インスリンは血液中の糖分を取り込んで、脂肪細胞に貯蔵する働きがあります。

そのインスリンが活発に働けば、おのずと体脂肪は多くなるわけです。

食事の回数を増やせば、飢餓状態になりにくいので、エネルギーを節約する必要がありません。

同じカロリーの食事量をしても、1日2食と比較すると3食の方がインスリンの分泌量も少なく、太りにくくなります。

Sponsored Link

夜食が効果的なダイエットではNGなわけ

 

効果的なダイエットをするためには、夜間に食事をとるのもダメと紹介しましたが、これはライフサイクルが関係しています。

通常、夜は後眠るだけという人が多いです。

代謝も下がりますから、夜遅くに摂取した食事は脂肪として蓄積されやすいからです。

眠る3時間前には何も食事をとらないようにすることが、効果的なダイエットにつながっていきます。

ほかにもいろいろと食事面で注意すべきことはありますが、上で紹介したことは、ついやってしまいがちではありませんか?

しかし、いずれも脂肪を自らため込む方向にもっていっているのです。

夕食は早めにとるように心がける、朝食何でもいいから食べるように努めれば、効果的なダイエットが期待できます。

朝食食べる時間がなければ、バナナやゼリー状の食事などを取り入れるのがおすすめだと思います。

なぜなら、皮をむいたり、栓を抜いたりしてすぐに摂取できるからです。

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最新の記事

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す