骨盤矯正エクササイズを始める時期とは?

人間の自然治癒力というのは凄いもので、出産した後の子宮や骨盤などが、妊娠前の状態に戻ろうと活発に働きます。

骨盤矯正エクササイズ

そして、出産時に胃の高さぐらいまで膨らんでいた子宮は、徐々に収縮し、出産後、約1カ月間で妊娠前の大きさに戻ります。

ちなみに、出産後の約6週間から8週間の時期を産褥期と呼びます

  この産褥期には、授乳や育児などでストレスや睡眠不足などが続くことが多いですが、産後の肥立ちをよくするためにもできるだけ休養することに努めることで、子宮の戻りも早くなります。

しかし、産褥期を自然治癒力だけで何もしないと、体型の戻りには個人差によって大きく違ってきます。
Sponsored Link

体型の戻りに個人差が出る原因

  体型の戻りに個人差が出る原因の1つには、出産後の姿勢が大きく影響します。

出産後によく見られる姿勢は、お尻が内側に入り、肩が前に出た猫背姿勢です。

  こんな猫背姿勢になった原因は、妊娠や出産によって筋力が低下し、さらに出産後に赤ちゃんを長時間抱っこしている姿勢が続くため、体を支えている根幹そのものが歪んでしまっているのです。

  これを正しい姿勢に直すためには、弱くなってしまった筋肉を筋力トレーニングでアップさせるとともに、体の歪みを矯正するようなエクササイズが必要です。

そんな産後エクササイズは、体が自然と元に戻ろうとする自然治癒力も働いている時期だけに、ここで間違ったエクササイズをしてはいけません。

なぜなら、体型を戻すどころか、逆に崩してしまう原因にもなるからです。
Sponsored Link

 

産後エクササイズを始める時期

産後エクササイズを始める時期としては、体力が徐々に戻ってくる約1ヶ月後ぐらいが1番最適だと言われています。

  そして、出産後半年を目標に、自然治癒力も考慮に入れながら産後エクササイズを取り入れることで、体型をより早く元に戻すことができます。

産後ダイエット 食欲

しかし、出産後半年は体型が元に戻ろうとするのと裏腹に、体重が逆に増えてしまう危険な時期でもあります。

その理由は、授乳しなくなって消費カロリーが低下することに加え、食欲は衰えることなく授乳中の時と同じように食べてしまいがちになります。

そのため、摂取カロリーの方が消費カロリーを上回り、その余分なカロリーがそのまま皮下脂肪となって、お腹周りやお尻などにたまってしまうからなんです。

そうならないためにも、出産後半年という目標をしっかり意識し、産後エクササイズできっちりと体型を元に戻しましょう。


そんな産後のエクササイズに最適なのが、骨盤矯正エクササイズです。

  骨盤矯正エクササイズを行うと、自然治癒力だけではなかなか元に戻りづらい骨盤や体の歪みなども正しい位置に戻してくれるので、出産後の姿勢も良くなります。

 

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最新の記事

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントは受け付けていません。