ロングブレスダイエットは腰痛にも効果があるって本当!?【徹底調査】

 

ロングブレスダイエットには腰痛の改善効果が期待できるといわれています。

そもそも提唱者の俳優の美木良介さんが腰痛に悩まされていて、その対策の一環としてロングブレスダイエットを始めたほどです。

 

なぜロングブレスダイエットによって腰痛が改善するのか、それはインナーマッスルを鍛えるからです。

腰回りには数々のインナーマッスルがあって、腰を支えています。

このインナーマッスルが緩んでしまうと姿勢が悪くなって、腰の痛みにつながりかねません。

ロングブレスを実践してインナーマッスルを鍛えれば、正しい姿勢を維持しやすくなります。

腰への負担も軽くなり、痛みの軽減される可能性は大いにあります。

Sponsored Link

腰痛のほとんどは原因不明?

 

日本人の腰痛の約8割は、原因不明といわれていて、明確な症状があるわけではないのです。

運動不足や加齢などによって筋肉が固まり、神経のバランスが崩れて発生すると考えられています。

 

ということは、適正な状態に補正すれば腰痛も改善すると結論付けられます。

そのため、バランスを元に戻すために、ロングブレスダイエットは腰痛におすすめだと言われています。

Sponsored Link

ロングブレスダイエットによって鍛えられるインナーマッスルとは?

 

ロングブレスダイエットによって鍛えられるインナーマッスルとは、具体的には横隔膜や腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、腸腰筋の5つです。

この中でも横隔膜以外の4種類のインナーマッスルは、姿勢をキープする、腰回りの筋肉にかかわっています。

このインナーマッスルを一気に刺激できるロングブレスダイエットは、腰痛改善に高い効果が期待できます。

 


腹横筋は背中からお腹にかけてカバーしている筋肉で、コルセットのような役割があります。

多裂筋には、脊柱を細かく動かすのに欠かせませんし、腰椎を正しい位置に安定させるのに重要な役割を担っています。

腸腰筋には腰回りを支える働きがあり、骨盤底筋も緩むと腰痛のほかにも股関節痛を引き起こすといわれています。

このようにロングブレスダイエットはダイエットだけでなく、腰痛にも大きな効果が期待できます。

 

もしも腰に痛みがある、どうも腰がだるいという方は、ロングブレスダイエットを実践してみるといいと思います。

ロングブレスダイエットの提唱者の美木良介さんは、かつて5~6年くらい腰痛に悩まされてきたそうです。

ひどい時には10分も立っていることもできなくなるほどの重症だったそうです。

しかし、そんな美木さんも今では、腰痛に悩まされることなく健康な肉体を手に入れられたとのことです。

腰の痛みでどうすればいいかわからないのなら、一度ロングブレスダイエットを実践してみましょう。

 

一緒に読むと参考になる情報!

>> ロングブレスダイエットのやり方と繰り返す回数は?その効果とは?

 

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最新の記事

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す