ヨーグルトダイエットの効果と方法!1週間と朝昼夜について

食事痩せはかつていろいろと出ていますが、その中でも近年ヨーグルトダイエットが注目されています。

ヨーグルトダイエットで痩せる効果が期待できるのは、乳酸菌とカルシウムが関係しています。

乳酸菌は腸内環境を整えて便秘に効果の期待できることは広く知られているでしょう。

しかしそのほかにも代謝アップ効果があるといわれています。

またカルシウムを積極的に摂取すると、体脂肪が減りやすいと考えられています。

カルシウムが豊富なヨーグルトを摂取すれば、痩せると考えられているのです。

ヨーグルトダイエットの方法の基本は、1日200gのプレーンヨーグルトを摂取するだけです。

1日3食の時にこまめに摂取する方法がおすすめです。

 

そのほかの方法のポイントとして、食後のタイミングで摂取することも見逃せません。

Sponsored Link

腸内環境とダイエット効果の関係

 

ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取することで腸内環境を整えることがダイエット効果につながります。

言い換えると善玉菌優位の環境を作るという意味です。

腸内には善玉菌と悪玉菌があって、せめぎあいをしています。

悪玉菌が増えるといわゆるドロドロ血液になって便秘がちになり、代謝が悪化してしまいます。

乳酸菌はいわゆる善玉菌の一種です。

腸内の善玉菌が多くなると血行が良くなって、老廃物の排出もスムーズになって代謝がアップし、痩せやすい体質になります。

そのほかにも配合されている成分ではカルシウムにもダイエット効果があるようです。

実際摂取量が多ければ多いほど、脂肪の排出が促進されるという研究報告も出ています。

 

ヨーグルトダイエットの方法

 

効果の実感できる方法ですが、先ほども見たように1日3食で合計200gのプレーンタイプのものを摂取することです。

この時、1週間は同じヨーグルトを食べ続けるのが効果的な方法といわれています。

含有している乳酸菌が異なるためです。

また食後食べるのがおすすめです。

空腹時に摂取すると、ヨーグルトがダイレクトに胃酸に触れてしまいます。

胃酸は酸が強いので、乳酸菌が負けてしまうのです。

このため生きた菌が腸に届きにくくなります。

ダイエットをしたいけれども、仕事や家事で時間がなかなかないという人もいるでしょう。

しかしヨーグルトダイエットであれば、毎食ヨーグルトを少し食べればいいだけです。

 

これならどんなに忙しい人でも続けられると思います。

しかも便秘などほかの悩みを一気に解消できる可能性もあり、やってみて損はないでしょう。

Sponsored Link

ヨーグルトダイエットの1週間と朝昼夜について

 

ヨーグルトダイエットが話題になっています。

その方法は1日3食、朝昼夜で合計1日200g摂取する方法です。

ヨーグルトダイエットを行う場合、1週間を一つの単位で実践しましょう。

1週間は同じ商品を摂取するのがおすすめです。

ヨーグルトによって、配合されている乳酸菌の種類が異なるからです。

コロコロ変えてしまうと、どうしても効果が散発的になってしまいます。

少なくても1週間は同じヨーグルトを摂取することです。

 

ヨーグルトダイエットを行う際には朝昼夜で摂取方法を変えてみましょう。

朝昼夜でずっと同じ食べ方を続けていると、味に飽きてしまって長続きしません。

例えばトッピングを変更するなどで対処してみるのはいかがですか?

トッピングをするならオリゴ糖がおすすめ

 

トッピングを変えることで朝昼晩ヨーグルトを摂取すれば、1週間以上にわたってヨーグルトダイエットを続けられるでしょう。

味が変われば気分もリフレッシュするからです。

例えばヨーグルトの酸味が苦手であれば、オリゴ糖を摂取することです。

砂糖と比較してオリゴ糖は乳酸菌の餌になるため、腸内環境を整える効果が期待できるからです。

また朝昼夜の中でも、朝冬などは厳しい寒さになることも多いでしょう。

その場合、すりおろしたしょうがをトッピングすると体が温まるのでヨーグルトダイエットを1週間以上続けられるはずです。

 

朝昼夜別ヨーグルトダイエットのやり方について

 

朝昼夜の中でもネックになるのは、朝食ではないですか?

朝忙しくて朝食抜きという方も多いからです。

その場合には飲むヨーグルトを活用してみるのも一考です。

容器を開けて飲むだけですから、どんなに時間のない方でも続けられるはずです。

ヤクルト菌の含まれた有名な飲料があります。

こちらであれば少量ですし、あまり食欲のない時でも摂取できるでしょう。

昼食ランチで済ませてしまう人は、100~150g程度のヨーグルトを食べるのがおすすめです。

外食で不足しがちなミネラルを補えるからです。

夕食の時間が遅い人がヨーグルトダイエットを実践する場合、食前にヨーグルトを摂取しましょう。

そうすると空腹感が抑制され、食べる量を減らせるからです。

朝昼夜ヨーグルトを摂取するのは大変と思うかもしれません。

しかし上で紹介したように味にメリハリをつければ、続けられると思います。

 

ヨーグルトダイエットは長く続ければ続けるほど、より高い効果が期待できます。

まずは1週間、同じヨーグルトを摂取して実践してみませんか?

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最新の記事

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す