【筋トレで産後ダイエットを成功させる秘訣】リバウンドしにくいのは?

産後 ダイエット 筋トレ

筋トレで行う産後ダイエットの基礎知識として、まずは痩せる意味について理解しましょう。

そもそも産後ダイエットで、痩せるという言葉の意味はなんだと思いますか?

ダイエットで痩せると言うのは、基本的には健康や美容のために、食事の量や種類などを制限することです

ただし、食事の量や種類などだけでは、ダイエットで痩せることがつらいものとなり、ダイエットしている途中で挫折しかねません。

でも、今ではダイエットの方法もたくさんの種類があります。

筋トレで行う産後ダイエットもその一つです。

 筋トレによる産後ダイエットの方法をよく理解し、自分に合った無理のないエクササイズで、長く続けることことが大切です。

また、それが産後ダイエットを成功させるポイントだとも言えます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


産後ダイエットとリバウンドの本当の意味とは?

産後 ダイエット リバウンド

一般的にダイエットをする上でよく耳にするのが、リバウンドです。

では、リバウンドとはどういう意味なのでしょうか?

筋トレで産後ダイエットをする上の基礎知識として、ここでリバウンドの本当の意味についてしっかりと理解しておきましょう。

元々、リバウンドの意味は、球技などでボールが床から跳ね返ることを言います

 それをダイエットと例えれば、ダイエットして減った体重が元に戻ったり、またはそれ以上に体重が増えてしまうことをリバウンドと言います。

ここで大切なことは、一度でもリバウンドをすると、太りやすい体質になってしまう可能性があるということです

そのため、ダイエットを中止しても、リバウンドをしないように細心の注意が必要です。

ちなみに、リバウンドが起こる原因は、人間に備わっている生体恒常性機能という機能と深く関係があります。

生体恒常性機能を判りやすく言うと、人間の生命を維持するために、環境の変化に適応する能力のことです。

ダイエット中は、少ない食事の量でも生命が維持できるように、体自体が変化していきます。

しかし、ダイエットで体が変化した状態で、ダイエット前の食事に戻した場合、どうなると思いますか?

 答えは、カロリーの過剰摂取になって急激に体重が増加しますから、それがリバウンド状態となるのです。

筋トレでダイエットしてリバウンドしにくいのは?

筋トレ ダイエット リバウンド

リバウンドしにくいダイエットにはどのような方法があるのか、筋トレで産後ダイエットをする上での基礎知識として理解しておきましょう。

一般的にダイエットというと、食べる物のカロリーを少なくして痩せたり、運動して痩せたりすると考えるのが普通です。

しかし、事前に計画を立てたほど長くは続かない事の方が多いのがダイエットです。

ダイエットが長く続かず途中で挫折してやめてしまうため、体はリバウンドしやすい体質になります

 つまりは、無理なく気楽に、長く続けることができるダイエット方法を選ぶのが、一番リバウンドしにくいダイエット方法だと言えます。

一番リバウンドしにくいダイエット方法は、適度な運動です。

特に、ウォーキングや踏み台昇降などの有酸素運動は手軽にできる上に、エネルギーをしっかり燃焼してくれます。

ウォーキングや踏み台昇降程度の有酸素運動では、強度や時間にもよりますが、そんなにダイエットの即効性はありません。

 ただし、無理なく長く続けることができる適度な運動なので、結果としてリバウンドしにくいダイエット方法だといえます。

スポンサーリンク


コメントを残す