筋力トレーニング~上半身編その1

  産後ダイエットに必要な上半身の筋肉を強化して、内臓脂肪や皮下脂肪燃焼の代謝アップになる筋力トレーニングの方法(その1)をご紹介します。

スポンサーリンク


上半身の筋肉を引き締める筋力トレーニング

  その場に、両足を軽く開いてまっすぐ立ちます。

  両方の手のひらを上にして、ヒジを約90度に曲げます。

  その状態のまま、両方のヒジを背中の後ろでくっつける感じで、胸をそらしながら背中の肩甲骨を引き寄せます。

これを3回~5回繰り返しましょう。

スポンサーリンク


背中の筋肉を引き締める筋力トレーニング

  その場に、両足を軽く開いてまっすぐ立ちます。

  左手はまっすぐして体につけたまま、右手のつま先をぴんと立て、ヒジを曲げないでまっすぐ上に伸ばします。

  その状態でヒジを伸ばしたまま、右手で大きく円を描くようにグルっと3回まわします。

  右手が終わったら、同じようにして、左手もグルっと3回まわしましょう。

  この時、肩の関節がゴリゴリっとなる人は、筋肉が硬くなって老化の始まりですので、できるだけ毎日腕を回すようにしましょう。

 

肩の筋肉を引き締める筋力トレーニング

  その場に、両足を軽く開いてまっすぐ立ちます。

  両手の指を体の前で組み、そのままヒジを曲げながら両方の手のひらをクルリと天井に向けます。

  その状態で右側に体を傾け、左肩と左の脇の下の筋肉に意識を向けて行います。

  次は同じようにして、左側に体を傾け、右肩と右の脇の下の筋肉に意識を向けて行います。

  この肩の筋肉を引き締める筋力トレーニングは、肩甲骨を伸ばし、肩こりにもよく効きますので、毎日暇を見つけてはやるようにしましょう。

お腹の筋肉を引き締める筋力トレーニング

  床に両ヒザを立てて、仰向けに寝て、左足を右足のヒザの上に乗せます。

  右手はヒジを曲げて頭の下に、左手はヒジを伸ばし体の横に約90度ぐらい開いて手のひらを下にします。

  その状態から、右手で頭を抱え込むようにして上体を左側にひねりながら、右手のヒジが左足のヒザに付くような感じで起こして行きます。

  このようにして、右側を10回したら、手と足を逆にして左側も10回行いましょう。

 

脇腹の筋肉を引き締める筋力トレーニング

  その場に、両足を軽く開いてまっすぐ立ちます。

  左手はヒジを曲げて腰に置き、右手はヒジを伸ばし、指先もまっすぐにして上に突き上げます。

  その状態のまま、左側に体を倒し右の脇腹の筋肉に意識を向けて行います。

  次は同じようにして、右側に体を倒し、左の脇腹の筋肉に意識を向け、筋力トレーニングを行ないましょう。

 

二の腕の筋肉を引き締める筋力トレーニング

  両足を肩幅に開いて、その場にまっすぐ立ちます。

  背筋を伸ばし、ヒジを曲げないで指先もまっすぐしたまま上にあげます。

  その状態から両腕が地面と水平になるようにゆっくり下ろしていきますが、腕を下ろす時は両腕をプルプルと揺さぶりながら、口で1~10と数字を数えながらゆっくり下ろしましょう。

  今度は逆に、口で1~10を数えながら、そして、両腕をプルプルと揺さぶりながらまっすぐ上に上げていきましょう。

 

このように、上半身の筋肉量を増やしながら脂肪燃焼効果を高める筋力トレーニングは、有効な産後ダイエット方法の一つです。

  しかし、産後では無理な運動はよくありませんので、自分が出来る軽い筋力トレーニングから続けていきましょう。

 


スポンサーリンク


コメントを残す