無理なくできる効果的な産後ダイエットについて

産後ダイエット 効果

出産して可愛い赤ちゃんが生まれてきてくれたのは、何よりも嬉しく、幸せなことです。

しかし、その一方で、産後の自分の体重や体型を考えると、産後ダイエットとして、一体どんな方法が良いのか、悩んでしまいますよね。

そこで、そんなあなたに効果的な産後ダイエット方法について、ご紹介していきます。

  産後ダイエットに成功する方法、そのためには、まずは焦らず、あわてず、ゆっくりと、という気持ちを大切ないしないといけません。

「無理なくできる効果的な産後ダイエットについて」の続きを読む…

ダイエットのポイントと女性ホルモンについて

妊娠中 体重

  妊娠中に増加する一般的な体重は、8キロ~12キロだと言われています。

もちろん、妊娠する前の体重や体型によって、増加する体重は人それぞれ変わります。

  その内訳は、出産時の赤ちゃんの体重は約3キロ、胎盤や羊水の重さが約1キロ、妊娠中に増加する水分や血液の量は約2キロ~3キロで、皮下脂肪の量は約2キロ~5キロです。

この内、出産と同時に、赤ちゃんや胎盤、羊水などの約4キロが体重から減少します。

  その後、水分や血液、皮下脂肪の量などの4キロ~8キロも、出産後の体のダメージの回復や授乳などとともに、約10カ月間ぐらいかけてゆっくりと体重が落ちていきます。

「ダイエットのポイントと女性ホルモンについて」の続きを読む…

ダイエットに必要な栄養素と産後太りについて

産後太り ダイエット

極度のカロリー制限などによるダイエットで急激に痩せた人の体型をよく見ると、お腹周りや二の腕、バストなどの皮膚が垂れ下がってることも珍しくありません。

このような皮膚のたるみ現象は、タンパク質が不足していることが原因の1つと考えられます。

なぜなら、人間の体を構成しているのは、内臓や骨、筋肉、血管などですが、その元となる細胞の主原料は全部タンパク質だからなのです。

「ダイエットに必要な栄養素と産後太りについて」の続きを読む…

出産後の痩せ残り体型と水太りについて

出産後 体型

出産すると体型がなかなか戻らないという方が多いようです。

  ここに気になるアンケート調査の結果がありますが、
出産後1年以内に体重が元に戻ったという人は、全体の約45%です

  また、出産後1年以内に体型が元に戻ったという人は、全体の20%ぐらいしかいないというデーターが出ています。

これはどういうことかというと、出産した後の大半の女性は、体重が減少しても体型はなかなか元には戻らない、と実感している方が多いということです。

痩せ残り体型と水太り

  体型が元に戻らないという大きな原因の1つは、女性ホルモンの影響や運動不足などが考えられます。

  しかし、産後ダイエットを行うにあたって、1番気になるお腹周りや下半身太りなどは、体型が元に戻ろうとする際の痩せ残りであるにすぎないのです。

 

  出産後の体が元に戻ろうとして痩せていく場合、どの部分から痩せて行くかご存じですか?

それは、体をよく動かし、血流が良くて筋肉量が多い部分に付いた脂肪が早く燃焼するので、その部分から先に痩せていきます。

その結果、運動不足で筋肉量の少ないお腹周りや下半身などに付いた脂肪などは痩せ残り、イビツな体型になってしまうのです。

  また、体重が元に戻ったことで安心して、出産前と同じように食べてしまうと、痩せ残った部分から先に太ってしまいます。

なので、ますますスリムな体型とは程遠い悪循環から、イビツな体型へとなっていくのです。

そこで、産後ダイエット方法では、体重を落とすことだけに重点を置くのではなく、妊娠期間や授乳などで減ってしまった筋肉量を増やしながら、体についた余分な脂肪をうまく燃焼させながらキレイに痩せる事を目標としましょう

ちなみに、妊娠期間中は体の中の水分や血液の量が約2キロも増えて、妊婦さんはみんな水太り状態になります。

  その理由は、お母さん胎盤の毛細血管を通して、酸素と栄養を赤ちゃんに十分に送れるように母体の水分量が、妊娠する前の約1.3倍に増え、血液の量も約1.5倍くらいになるからです。

そんな水太り状態でも出産した後は、尿や汗、母乳などによって、お母さんの体の中の水分量は徐々に減っては行きます。

  しかし、運動不足や女性ホルモンのバランスの崩れなどが原因で、その水分も部分的に残って、体がむくみがちとなるのです。

  そして、その体のむくみは、周りにある脂肪細胞などを圧迫し、その部分の血流が悪くなり、脂肪の燃焼も悪く、体が冷え性になるといわれています。

また、その痩せ残りは、セルライトの原因ともなります

よく出産後のお腹の皮は、大きく膨らんだ風船がしぼんだ後のようだというような表現をする人もいます。

確かに、お腹の中にいた赤ちゃんが出産によって外に出たことで、お腹の皮は一気にしぼんでタルタル状態になってしまいます。

  人間の皮膚はとても伸縮性に優れているので、そのままでも元に戻ろうとしますが、その皮膚の下についた脂肪は、そう簡単には元に戻りません。

そうならないためにも、産後ダイエットでしっかり脂肪も燃焼させ、スリムで綺麗な体型を取り戻しましょう。