ダイエットのポイントと女性ホルモンについて

妊娠中 体重

  妊娠中に増加する一般的な体重は、8キロ~12キロだと言われています。

もちろん、妊娠する前の体重や体型によって、増加する体重は人それぞれ変わります。

  その内訳は、出産時の赤ちゃんの体重は約3キロ、胎盤や羊水の重さが約1キロ、妊娠中に増加する水分や血液の量は約2キロ~3キロで、皮下脂肪の量は約2キロ~5キロです。

この内、出産と同時に、赤ちゃんや胎盤、羊水などの約4キロが体重から減少します。

  その後、水分や血液、皮下脂肪の量などの4キロ~8キロも、出産後の体のダメージの回復や授乳などとともに、約10カ月間ぐらいかけてゆっくりと体重が落ちていきます。

「ダイエットのポイントと女性ホルモンについて」の続きを読む…