【おかゆダイエットのメリットとデメリット】どんな効果があるの?

おかゆダイエット

おかゆダイエットは、毎日食べる白米をおかゆに置き換えるだけで、無理なく続けていけるダイエット方法として人気です。

おかゆに変えるだけで、特におかずや量を制限しなくても構いません。

そんなおかゆダイエット方法にはメリットもあれば、デメリットもありますから、このダイエットの良い所と悪い所を見ていきましょう。

おかゆダイエット

スポンサーリンク


スポンサーリンク


おかゆダイエットのメリットと効果は?

おかゆダイエット メリット

おかゆダイエットの一番のメリットは、やはりカロリーを簡単に減らすことができることですよね

 白米なら茶碗一杯食べると大体250kcalと言われています。

これをおかゆにすることで、150kcalになりますから、100kcalも減らすことができるんですよ。

もし、3食ともおかゆに置き換えすると、1日300kcalも抑えることができるのはとても大きいかもしれません。

仕事をしていると、お昼におかゆを食べることは難しいですが、朝と夜をおかゆ置き換えるだけでも200kcal変わってきます。

それに、おかゆは今は炊飯器でもボタンひとつで簡単に作ることができますし、安く済ますことができるのもメリットのひとつです。

 温かい食べものですので、冷ましながら食べるため、食べるスピードも白米に比べると自然とゆっくりになりますし、満腹感を得ることができます。

 胃腸にもとてもやさしい食べものですし、発汗作用もありますので、代謝を上げて脂肪の燃焼効果も高めてくれるとも言われています。

 汗をかくことで、体の中の不要な老廃物も外へ排出してくれますから、デトックス効果も少しは期待できるかもしれません。

 そして、おかゆなら産後の体に負担はかかりませんし、家族の誰もが食べることができますから、手間もかからないです。

塩で味をつけてみたり、お茶漬けの素を入れると雑炊のようにもなりますし、いろんな楽しみ方ができます。

おかゆダイエットのデメリットとは?

おかゆダイエット デメリット

反対にデメリットというよりも、気をつけないといけない所と言った方がいいかもしれません

 消化が良いのはいいのですが、消化が良いために、満腹感を長時間維持することができず、すぐにお腹が空いてしまう可能性があります。

お腹が空いたからと言って、間食してしまうと、おかゆでカロリーを控えたことがすべてムダになってしまいますので注意が必要です。

また、おかゆは柔らかいものですので、ゆっくりと噛んで満腹中枢を刺激するということができません。

そのため、できるだけおかずをゆっくりと噛んで食べるように心がけるといいと思います。

 あと、おかゆだけだと、栄養不足になりますから、野菜やお肉などのタンパク質も適度に摂る必要があります。

それ以外は、おかゆダイエットには、目立ったデメリットがないように思いますし、どなたにでもできる簡単なダイエット方法だと思います。

何か特別なことをする必要はないですし、何かダイエットを始めてみたいと思われている方は、まずはこのダイエット方法から始めてみたら良いと思いますよ。

スポンサーリンク


コメントを残す