【キャベツダイエットの方法】痩せるためのポイントと味付けは?

キャベツダイエット 方法

食前か食事の一番最初にキャベツを食べるという、キャベツダイエットというダイエット方法があります。

最初にキャベツを口の中でゆっくりと咀嚼しながら食べると、脳の満腹中枢が刺激され、お腹もいっぱいになります。

そうすると、食事の量を減らすことができるという仕組みのダイエット方法です。

また、食前にキャベツを食べることで、余分な脂肪を蓄積させない効果があります。

スポンサーリンク


キャベツダイエットの方法とは?

キャベツダイエット 方法

 このキャベツダイエットの方法ですが、キャベツを大体6分の1個をざく切りにして、1日3食の前に何も加工せず、生のまま食べるという方法です。

6分の1で大体200gはありますが、そんなに食べれないようであれば、その半分の100gでもけっこう効果はあります

なぜザク切りにするのかというと、あまり細かく切りすぎると咀嚼回数が少なくなるので、じっかりと噛んで食べるためには多少大きめに切るのです。

このキャベツダイエットには、もともとしっかり噛んで食べることで満腹中枢を刺激し、その後の食事の食べすぎを防ぐとい目的があります。

 そのため、キャベツは10分間ぐらいかけて、しっかりと噛んで食べるのが痩せるためのポイントです。

スポンサーリンク


キャベツダイエットの味付けは?

キャベツダイエット 味付け

キャベツをそのまま食べると言っても、味もなければそんなにたくさんは食べにくいものです

なので、ノンオイルのドレッシングなどで味つけしても構いません

 塩コショウやしょうゆ、ポン酢など、いろんな味つけで飽きないようにするのもいいと思いますよ。

ノンオイルドレッシングも最近ではいろんな種類がありますので、私もその時の気分によって変えていました。

キャベツを食べる量には特に制限がありませんから、お腹がすいたら、3食以外の時でも、いつでも食べていいです。

時間や量を気にせずに食べれるのも、このダイエットの特徴です

 あと、このキャベツダイエットの効率をあげるための方法として、たんぱく質を1日の食事の中で合計70g摂るようにすることを心がけてください。

1日に牛乳200ml、卵1個、豆腐半丁、魚80g、肉80gをうまく振り分けて、摂るのが目安です。

ご飯も1日お茶碗2杯までにし、炭水化物を控えることでも効果が上がります。

例えば、朝と昼はご飯を食べ、夜は炭水化物を控えて、おかずのみにすると良いですね。

 

キャベツダイエットのまとめ

キャベツダイエットだけでなく、どのダイエットをしてる時にもそうですが、油分と糖分はできるだけ控える方がいいです。

また、ダイエット中はアルコールも控えた方がいいと思います。

キャベツダイエットの方法を知って、これならできそうと思われましたか?

ご飯の前に、ただキャベツを食べるだけですので、やり方は簡単ですよね。

お腹がいっぱいになりますので、ストレスなくできるダイエット方法だと思いますから、あなたも一度挑戦してみませんか?

スポンサーリンク


コメントを残す