断食ダイエットが効果的な理由と3つの方法

ダイエット中でも、普通は1日3食、規則正しく栄養バランスのとれた食事を摂ることが理想的と言われています。

しかし、即効性のあるダイエット方法として断食ダイエットがあるんです。

ファスティングダイエットとも呼ばれています。

ただし、やり方を間違ったり、計画性のない断食ダイエットは、健康面に悪影響を与える可能性が大きいため注意が必要です

スポンサーリンク


どうして断食ダイエットが効果的なのか?

断食ダイエット 効果

断食すると内臓の消化吸収が止まり、老廃物を燃焼し、排出する機能が上がります

 普段食事をしている時よりも、それが活発に行われることで、体を軽くすることができるのです。

食事をしなければ、自然と胃も小さくなりますから、食欲抑制の効果も期待できますよね。

断食ダイエットには3つの方法があり、朝食だけを抜く比較的軽いものから、1週間ぐらい食事を抜くというハードなダイエット方法まであります。

 

断食ダイエットで朝食を食べない方法

朝食を抜き、昼食、夕食をいつもより少なめの食事にするやり方です

プチ断食ダイエットとも言います。

 最初から朝食を抜くのが耐えられない場合は、まずは朝食の量を減らすことから始めるとスムーズに移行できます。

朝食は水だけを500ml飲みます。

どうしても空腹に耐えられない時は、野菜ジュースやトマトジュース、酵素ドリンク、青汁などを代わりに飲んでも構いません。

昼食や夕食も肉類や乳製品などの動物性のものではなく、できるだけ野菜やきのこ類、海藻類などの植物性のものを摂るようにしましょう。

スポンサーリンク


断食ダイエットで一日一食も食べない方法

朝食、昼食を抜き、夕食におかゆなどの消化の良いものを食べるやり方です

 できれば3食とも水分以外は一切取らないようにするほうが効果的です。

一日断食した翌日の回復食は、おかゆなどの軽いものから食べるようにした方が胃腸に負担をかけません。

そして、徐々に少しづつ元の食事へ戻すようにしてください。

一日断食ダイエットは、週末の休みの日などならできそうですね。

断食ダイエットで3日間食べない方法

3日間は食事を抜き、摂取するのは水のみという断食ダイエットのやり方です

 どうしてもお腹が減って我慢できない場合は、野菜ジュースやトマトジュースなどで代用しても構いません。

ただし、三日間の断食ダイエットは自分の判断だけではなく、専門家の指導を受けてからやるようにしましょう。

 3日間の断食ダイエットが成功したら、次は4日間、5日間、6日間と日数を少しづつ伸ばして行くのも一つの方法です。

私の友人は3か月に1回は、1週間飲み物だけの断食ダイエットをもう何年も続けています。

さすがに1週間も食べないなんて、普通の人が急にやったら負担がかかり過ぎて体に悪いのでやらないでくださいね。

断食ダイエットのまとめ

3つの断食ダイエット方法は、正直きついというイメージがありますよね。

食事制限するダイエット方法ですから、目標や意志をかなり強く持っておかないと途中で投げ出してしまいます。

また、断食した後の回復食のレシピなどにも注意が必要です。

なぜなら、断食の反動でたっぷりと食べたくなる可能性が大きいので、それが一番リバウンドする危険があるからです。

断食した効果どころか、食べていなかった分、胃腸が一気に消化吸収を行おうとしますので、胃腸トラブルの原因にもなり、体調も悪化させてしまいます。

そのため、断食ダイエットの後は食べていいものをしっかり見極めた回復食にしてください。

ファスティングダイエットのやり方にはかなりの注意が必要です。

しかし、今すぐ体重を落として痩せたいと思われている方には、一番即効性があると思いますよ。

スポンサーリンク


コメントを残す